食文化について

和食

和食について

和食(日本料理)は古くから馴染みの深い食材を使い、日本人に親しまれてきた料理です。
近年では海外にも日本食レストランとしてそば、寿司、天ぷら等の和食が海外でも食べられるようになり、外国人の方々にも食べてもらう機会が増えました、ラーメンも中華では無く日本料理として食べられることも多いそうです。
また、お刺身も新鮮な魚が安心して食べられるとのことで海外では人気があります。
日本の代表的な料理でそばがあります。手軽に食べられることから駅前に立ち食いそばもあり、色々な場所で食べる機会があります。 国分寺のそば屋さんも駅前のお蕎麦屋さんと思えないぐらい美味しいお蕎麦です。 おそばは海外でも人気で、おそばチェーン店の「富士そば」はゴールデンウィークや年末年始になると外国人客が増えるそうです。
そして和食でメインとなるのはやはりお米です、日本では300種類以上のお米が作られております、お米は日本穀物検定協会が試験を行いその中でも特に良質なお米を「特A」と認定します、特Aに選ばれたお米は北海道産の「ゆめぴりか」新潟県魚沼産の「コシヒカリ」等がございます、コシヒカリは有名ですが「ゆめぴりか」も冷めても味が落ちない等の理由で注目されております。
他にも農産物検査法に基づき色々な基準でお米を1~3等で等級を分けていきます、 特Aの次に良質なお米は1等米になります。
今や日本だけでなく海外でも愛されている和食ですが、生産者の努力がありここまで愛されるようになったことを忘れずに今後も益々の発展を願い、世界中のより多くの方々に知ってもらうことを願っております。

こだわり

食へのこだわりについて紹介してます、新しいこだわりが見つかるかもしれません。

詳細はこちら

食文化について

食にまつわる文化を紹介してます、関東と関西の文化の違いも載せてます。

詳細はこちら

↑ PAGE TOP