食文化について

和食

どんな食文化があるの?

食にまつわる文化・習慣は地域によって違います。
一番分かりやすいのは、地域の食文化を表す郷土料理です。 郷土料理は各地域の産物を使い、その地域の文化や食生活に深く携わっております。 学校給食等にも取り入れられております、 北海道はジンギスカン、宮城県は牛タン、福岡県はもつ鍋、沖縄県はソーキソバ等、 地域によって料理は様々です、 近年はB級グルメ等も増え料理の幅が広がり地域の活性化にも繋がっております。
そして文化の違いが分かりやすいのが関東・関西の食文化の比較です。
まずダシが違います、関東では主にかつおだし+濃口醤油を使い、関西では主に昆布だし+薄口醤油を使います。 地域によってだしの違いがあるので日清の「どん兵衛」は関西と関東で味を変えているのは有名な話しです。 そして普段から使っている水にも若干の違いがあります。 日本という大枠で見ると、一般的に日本の水は軟水ですが、関東の方が関西に比べて軟水だという調べが出ています。 また、おにぎりも呼び方に違いがあり、関東ではおにぎり、関西ではおむすびと呼びます。 そしてお肉も関東は豚肉、関西は牛肉が主なお肉です。 カレー、肉うどん等に入れるお肉も主に関東では豚肉、関西では牛肉と種類が違います。 しかし以前までは東京も国分寺のとんかつ等のお店が多かったですが、近年は牛かつ等のお店も徐々に増えています。
食文化は私たちの生活の中で深く関わっている文化ですので、自分の地元の郷土料理を探してみるのもおすすめです。

こだわり

食へのこだわりについて紹介してます、新しいこだわりが見つかるかもしれません。

詳細はこちら

和食について

日本人に古くから愛されてきた和食について、紹介してます。
美味しいお米も紹介してます。

詳細はこちら

↑ PAGE TOP